2012年2月28日火曜日

Gangsta Dre/Gang Banging Poetry: Sequel 2

1995-2005 CA

Gangsta Dreのセカンドアルバム。再発で手に入れやすくなった名盤ですね。サクラメント産ということで妖しい感じありますが、ドロドロ感や聴きにくさはないです。チープな哀愁が漂う曲が多くいかにもマイナーギャングスタラップといった風情が堪りません。ほぼ全曲流して聴けるギャングスタラップのアルバムも珍しいですよねGangsta Dreのサクラメントらしいフロウもカッコ良いです。Zappネタの2.Mandatory Murder、Young Jaydaをフィーチュアした哀愁Gファンク9.ke A Toke、地味な哀感がある12.Anykind og Hustleとかが今は好きでした。Gラップ聴くならまずこっから入るべきです。

0 件のコメント:

コメントを投稿